最初からバスキングの道だったら、終了だったわい

どうも、太ると友近、痩せると紺野まひるに似ていると言われがちな奏メイナです。

この写真、お二人に失礼(笑)

ところで

もーー、ちょーー勉強になってます、今回の旅も。

路上ライブって、公共の場所でやる時点で

箱ライブやレコーディングと違うねぇ。

構成要素が増えるねぇ。

アンプの音量、EQ設定、機材の配置、喜ばれる曲目、見せ方、立ち位置、時間、気候、体力、尿意の頻度、、、etc

それらが複雑に絡み合っているねぇ。

それらをすっとばして、一人で完結出来るもの

例えば

(伴奏者やPAさんも自分が選べる場合の)箱ライブや、宅録って、恵まれてるよね。

デビューしてすぐの頃、歌える箱も、伴奏者さんにも、恵まれまくっとったからなぁ。

最初からバスキングの道だったら、終了だったわい。

真琴もルーパーもPA知識も無かったし。

色々ベストタイミングで起きてるよなぁ。

えっと

家引き払ってのガチバスキングが2017年9月スタートなので

その後に、初めて台湾に来てますが

同じ国でも前と見え方が違う。

ちなみに台湾は日本人バスカーが増えすぎたらしく、歌える場所が減ってます。

完全に飽和だね。

あーーぁ

西門で前歌えてたところは、止められちゃう。

なので、場所探し、結構苦労してます。

アジアは、狭い道に人が密集してるから、場所の見極め難しか!

まぁ、でも

伴奏の仕方とか、少し見えて来たので、トライアンドエラー、頑張ります♪

ちなみに、こちらで合流した

先輩バスカーさんから色々教えてもらってて、すごくありがたいんですよ、ホンマに。

一人じゃ分からない事だらけね。

そして、明日からレコーディングエンジニアのお仕事だぁぁああ

依頼してもらったからには、良いもの作らせてもらいたい、頑張るどーー

 

☆★☆★☆★☆★☆★

→YouTube

→Instagram

→Twitter

→Facebook

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★